• 冬太郎 Fuyutaro

カフェレーサーの作り方


今日は『BIKE EXIF』からカフェレーサーカスタムのメソッド記事を紹介させていただきたいと思います。こういったカスタムを行う上で基礎的な考え方のような記事は日本のブログでは見かけた事がないので、ご参考になれば幸いです。『How to build cafe racer』という記事で細かいニュアンスの部分は主観的に訳してあります。

『BIKE EXIF』は初めて紹介をさせてもらうので、簡単に説明させていただきますね。2008年にニュージーランド在住のイギリス人クリス・ハンター氏がオープンしたサイトで、世界中のビルダーのカスタムバイクが紹介されていて見ごたえのあるHPになっています。

最近はインスタやピンタレストで世界中のカスタムバイク情報を目にすることができるようになっており、ネオカフェレーサーと呼ばれる旧車に現代のパーツを組み込みスタイルと走りを両立させたバイクが多くみられるようになりました。

多くのバイクはスタイリングのバランスが素晴らしくどのようなメソッドで製作をされているのか気になっていたところ、今回の記事が目に入ってきました。

How To Build A Cafe Racer

I’m a designer by trade: I spend my time working out how to make machinery look as good as it can. Designers are creative people by nature, so we crave the opportunity to be as free as possible in our work. We also have many parameters, tests and boundaries to refer to, to make sure we deliver the best possible ‘product.’ 私は時間というものをマシンをできるだけよくするために使ってきた。デザイナーとは生まれつき創造的な人種である。自分たちの仕事ができるだけ自由であるための機会を渇望していて、それを実現するために多くの試行錯誤を行い限界を見極めている。それはベストな製品を届けるためだ。 These guidelines are just that guidelines. Designing a cafe racer is as much about art as science, and each bike is different in its own way. It reflects the environment, the era and the owner of the bike. Yet there are things we can do to ensure that the result will look solid and professional. これらのガイドラインはただのガイドラインだ。カフェレーサーをデザインすることは科学とアートの融合であって、それぞれのマシンにはそれぞれのアプローチの仕方がある。そこにはオーナーが置かれている環境や時代が反映されるが、依然としてプロフェッショナルかつ唯一無二の結果を保証するために我々ができることがある。 I’ve been influenced by motorbike design for several years, and have built my own cafe racer. I based it on the same observations that I’ve sketched out here. Hopefully they’ll inspire some fellow builders to invest time into the aesthetics of their project. 私はここしばらくバイクのデザインに影響を受けており、自分用のカフェレーサーを製作してきた。わたしは同じ観点からスケッチを行ってきており、願わくばこれらが今後ビルダーたちのプロジェクトの美的要素の力になることを願っている。 To illustrate my points, I’m using the 2014 Bike EXIF calendar cover star: Mateusz Stankiewicz’s Honda CX500, built in conjunction with the garage Eastern Spirit. このポイントを説明するために2014年のバイクイグジフカレンダーのカバー車両を使用する。イースタンスピリットと合同で作り上げた車両だ。※イースタンスピリットの情報を調べてみたが、公式HPが見つけられませんでした。FBページでご了承ください。

THE FOUNDATION The foundation contributes most to the structure, direction and general ‘easiness on the eye’ that makes a bike a cafe racer. First, the simple stuff. Cafe racers are defined by the flat line that runs front to back, giving an uncompromising look and lending strength and speed to the design. It’s a good idea, though not vital, that this line remains uninterrupted. (The perfect example of this rule being broken well is the Wrenchmonkees’ Laverda 750.) ファウンデーション 外装下部のベースラインが構造・方向性やわかりやすさを作り、それがカフェレーサーたるを決める。第一はシンプルなことだ。カフェレーサーはフロントからバックへのフラットなラインがそれたらしめている。その明確だが控えめなラインが妥協なきルックスそして力強さを与えスピードへの回答となっている。しかし覚えておいてほしいのはこのルールはグッドアイディアであって絶対ではない。完璧な例はレンチモンキーによるLaverda750だろう。※この後に出てくるメソッドとは沿わない部分もある車両だが、全体的な美しさがある車両で、思うに構造的・色彩的にシンプルなことが大きく影響していると考える。 This line is the first one your brain will ‘see’ and will guide your eyes along the length of the bike. If there are kinks and breaks then it eliminates continuity and, like bumps in the road, makes the experience uncomfortable. This powerful base sits above two fairly evenly sized wheels. このラインは私たちが感じる第一印象であり、バイクの全長を意識させるものだ。もしそこに醜くラインを阻害する要素があれば路面の轍のように不快な印象を与え、車両の連続性を阻害するだろう。この重要かつ基本的な要素は2つの均等なサイズのタイヤが存在する事で成り立っている。

THE ‘CUT-OFF POINTS’ These lines are the wheel centerlines. Anything going beyond these lines will serve to make the bike seem ‘odd.’ Too much over the rear wheel will make the bike seem rear-heavy and poorly planned. It’s quite common for bikes to do this, however, and it’s not a big deal if crossed over by a small amount?as in our example. カットオフポイント このラインはホイールのセンターラインの事である。このラインを越えて構造物があれば間抜けな印象になる。リアに過度なこのようなデザインがあるとリアヘビーな印象になりプランニングミスな印象となる。あくまで過度なデザインの事であり絶対に超えてはならいないという物でもない。今回例に挙げた車両を見てほしい。 If you do go too far over, then minimize the depth of the seat or cowl. There’s nothing worse than a big cowl hanging over the back end of the bike. The front is less of a problem but front fenders cut on this line look best. もしこのラインを大きくオーバーしそうなときはシートとカウルをできるだけ小さくすることだ。大きなカウルでこのラインを越えていくことは避けたい。フロントはリアほどの問題ではないができればフェンダーもこのラインを超えないようにしたい。

HEIGHT LIMIT Just as important as the cut-off points. The height limit gives a planned look to the design. Defined as the highest point on the fuel tank, anything protruding much above this point will take away from a cafe racer’s sleek and streamlined looks. It will also serve to make your bike look more like a tracker and less like a cafe bike. Keep it low and keep it clean. Combined with the cut-off points, this imaginary box should contain all the major elements of your design. ハイトリミット(高さ制限)。ハイトリミットはカットオフポイントと同様に重要だ。これはよく練られたデザインということを伝えることができる。最大高をタンクに決めることと、そこから何も突き出さないことがカフェレーサーたる流れるような美しいラインを印象付けることができる。もしこのルールを破ればそれはカフェレーサーではなくトラッカーのような印象が強調されるだろう。シンプルで低いスタイルをキープしたい。カットオフとハイトリミットを守ることでバイクの主な要素が中心に集まりデザインの要となるだろう。

THE ‘BONE LINE’ Hugely important in car design, it is very important here as well. The bone line serves to describe where the widest point of your bodywork is. This is where your reflections on your seat, tank and lamp will fall. Think of the ‘bone’ as the 3D brother to the more 2D foundation line. They work together as a team. Here the center of the lamp is right on the bone line: A great decision that ties the whole upper together. ボーンライン カーデザインでもとても重要な項目である。ボーンラインは車体の外装の中でどこが最も分厚い部分かを構成する基準である。それはシート・タンク・ライトの位置に影響をするだろう。平面的なファウンデーションライン(外装下部のベースライン)よりもボーンラインを立体的に意識することで、2つの基準がチームとして一体感を演出することができる。とくにヘッドライトがボーンラインのセンターに出ている。これがアッパーのまとまりを演出している。 If you get anything right it should be this. It immediately makes the bike look like it really belongs together and is not just a jumble of parts. Next time you see a bike (or indeed a car) you like, take some time to see if it has this central ‘bone’ and where it sits. This Honda is a perfect example and, though it’s not the first thing you might realize you see, it’s why this is not just a good bike, but a great one. もし、すべてをこのように正しい位置に整えれば例のバイクの様なスタイルになるだろう。それはパーツの寄せ集めで作ったのではなく、一体感のある印象を直ちに与えることができる。次にお気に入りのバイクを見るときはこのボーンラインがどこに設定をされているかを意識して観察してほしい。このホンダ車は完璧な例であり、さらにただのグッドバイクではなくて素晴らしいバイクということに気づかされるだろう。※元記事のコメント中で現代的なバイクは必ずしもそうではないという指摘も出ています。

THE VISUAL WEIGHT This is where the main ‘mass’ of the bike is, and it can be split into two parts. Firstly, the main mass is the engine?including the cylinder/crank/gearbox, or anything towards the front of the subframe. This is your tank parameter. A tank longer than this will look overly big and heavy, and a smaller tank will look like the bike has outgrown it?almost bobber-like. ヴィジュアルウェイト これはどこにマスの中心があるかということであり、2つのパートに分けられる。第一にメインマスはエンジン(シリンダー・クランク・ギアボックス含む)またはサブフレームの前方を含むエリアである。これはタンクの基準になる部分だ。タンクがこのエリアよりも長いと鈍重な印象を与える。逆に小さすぎるとボバーライクな印象になる。 Secondly, and just as importantly, is the axis of the visual weight, seen here in the middle. This is usually defined by the middle of the engine, or more accurately, the middle of the cylinder/piston. This will define the ideal shape of the tank. The peak of the tank should fall right on or very close to the axis. It is amazing how much more robust and ‘sporting’ a bike looks when this is incorporated into the design. 第2も同じように重要である。それはヴィジュアルウェイトの軸となる部分である。これは通常はエンジンまたはもっと正確に言えばシリンダー/ピストンの真ん中に位置づけられる。これは理想的なタンクのシェイプを決定づける。タンクの頂点は正しくこの位置またはできるだけ近づけるべきである。これらはデザインに組み入れられることで力強さとスポーティーなルックスを手に入れることができる。 It applies equally for bikes such as Hondas, Kawasakis and Yamahas that have inclined engine blocks. The axis still falls through the middle of the cylinder at that angle. The result is that these Japanese bikes look better with tanks that peak towards the very front of the bike and taper off towards the rider. 日本車(ホンダ、カワサキ、ヤマハ)はエンジンブロックを傾斜させることでこのルールを適用している。この角度をつけることで軸がシリンダーの真ん中に来ている。結果として日本車はタンクの頂点ができるだけ前方に来ておりライダーに向けて絞りが入っていることで見た目がよく見える。

THE SWOOP Ideally you want the seat and the tank to look like they belong together. We can do this by making sure the curve of the tank flows into the curve of the cowl. This will make it look almost like the tank and the seat were once a single piece of metal, and someone scooped out a place for a rider to sit. It makes it look intentional and tight. スウープ タンクとシートに一体感があることが望ましい。そしてそれはタンクのカーブとシート(カウル)のカーブを流れるようなラインを作ることで解決することができる。そうすることでまるでタンクとシートが1つのピースで作られたようになり、ライダーが座るべき場所が自然と決まってくる。これらは意図的かつ必然である。

MAIN ANGLES Often overlooked, the differing angles on a frame with those of the forks, shocks and other parts can make a spaghetti of lines which could ruin all your hard work. Be considerate of them when adding new parts. Here this bike has a brand new subframe to clean up the wobbly CX500 original. The builder has very cleverly matched the angle of the front fork, making it look cohesive. Angles are something we take great care of when designing cars too. メインアングル この部分は見過ごされがちである。フレームとフォーク・ショック・その他パーツの角度をそろえないことで全体に一体感がなくなりそれまでのハードワークを台無しにしてしまう。新しいパーツを組み込む際にはぜひ注意すべき点だろう。このバイクは新しいサブフレームを作成することで不安定なオリジナルから改善がなされていて、さらにビルダーは賢くフロントフォークと角度を一致させて統一性を演出している。

SECONDARY ANGLES Even in small areas, the builders have tried to make parallels of two or more angles on different parts. This is some subliminal stuff right here. You might not notice it?but you can bet that your brain does on a certain level. セカンダリーアングル これは小さな箇所である。今回ビルダーは2つかそれ以上のパーツを平行にするように試みている。これはサブリミナル的なことであり、注意を払わないかもしれないが、潜在的に美しいかどうかに影響をする部分である。

FORK DISTANCE Keep the front wheel as ‘tucked in’ as possible. It gives a bike a ‘pouncing’ and aggressive stance. I know a fork swap might seem like a good idea, but don’t make it look like a chopper, OK? フォークディスタンス フロントホイールはできるだけ内側に寄せるべきである。そうすることでバイクがアグレッシブでクイックなスタンスを手に入れることができる。フォークの流用はよいアイディアであるが、チョッパーのようなスタイルにはするべきではない。 I have seen bikes that match this guide to the letter that look great. And I have seen bikes that disregard them totally, and still look amazing. Following these guidelines will give you a base on which to work and help understand why a bike looks like it does. これまで多くのバイクがこのルールにのっとって製作されてきたのを見てきている。一方でこのルールに収まらないけれども素晴らしいバイクもある。このガイドラインに従うことはカフェレーサーカスタムを行うことと、なぜこのようなルックスになったのかを理解する助けになるだろう。 Once aware of these ground rules, it’s up to you how you choose to stick to them?or break them. 基準値を知ることで従うか破るかは製作者によるのである。

以上、かなり主観的な言い回しも入っていますが、今回の記事の訳となります。ビルダーさんからされたら当たり前のことなのかもしれませんが、私の様な只のバイク好きのおっさんからすると非常にためになる内容でありずっと気になっていた記事だったので紹介させていただきました。

読んでいただいたあなたのカスタムバイク製作のご参考になり、ビルダーさんにイメージを伝えるときにお話がしやすくなるれば幸いです。

#caferacer #バイクカスタム #bikeexif #バイクデザイン

233回の閲覧

Feel free to contact me :

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Pinterest - Black Circle
  • Instagram - Black Circle